音痴対策:飲酒|音痴を直す方法!克服ランキング

【スポンサーリンク】

飲酒を控えて音痴対策

飲酒は、頻度や飲む量によっては、体に様々な悪影響を与えてしまいますし、飲みすぎは喉にも良くありません。喉は直接アルコールが触れるので、炎症や乾燥を引き起こしやすくなります。

 

アルコールは血行を良くする作用があるのですが、飲みすぎると喉が充血し、水分を奪ってしまいます。


【最新情報!】自宅で音痴矯正!

音痴を直すことは難しいと思われがちです。しかし、きちんと音痴の原因を理解し、トレーニングすることで音痴を克服することができます。その手助けとなる現在、人気の音痴矯正プログラムを比較検証し、ランキング形式で紹介していますのででご参考頂ければ幸いです。

 

 音痴克服法!おすすめ教材ランキング


飲酒

「酒焼け」という言葉があるのをご存知ですか?飲み屋で働く人や、毎晩お酒をたくさん飲む人の声がかすれていたり、ガラガラ声になったりすることを言います。ですから、お酒は普段から、適量を守ることが大切です。

 

また、お酒を飲んだ後は喉を保湿したり、温めたりして十分にケアをしましょう。また、お酒を飲んで酔っ払っていると、いつもよりも歌が下手になってしまいます。

 

例えば飲み会の2次会で、カラオケに行くパターンは多いですよね?1次会で飲みすぎていると、『全く思うように歌えない!』、と感じた経験のある人は多いのではないでしょうか?

 

酔っていると、足元を安定させて踏ん張る力や、お腹に力を入れて正しく発声するという基本的な動作ができなくなるのです。それに加え、喉が充血して乾燥気味になっているので、尚更上手く歌えなくなってしまうのです。

 

声帯を鍛えたり、普段から喉のケアを念入りに行うことで、普段どおり歌えるようになることもあります。しかし、音痴で悩んでいる場合、お酒によって更に音感やリズム感が狂うので、あまり飲み過ぎないように注意するのが無難です。


【スポンサーリンク】

関連ページ

喫煙
乾燥