ページTOPへ

音痴解消:肺活量アップ|音痴を直す方法!克服ランキング

音痴解消:肺活量アップ|音痴を直す方法!克服ランキング

【スポンサーリンク】

肺活量アップで音痴解消

『歌を歌うのに、肺活量はあまり関係がない』、という意見もありますが、肺活量があるに越したことはありません。息をたくさん吸えれば、長く伸ばす音を、より大きな声量で発することができるからです。

 

実際は息を吸う量が少なくても、ブレス(歌の途中で息を吸うこと)のタイミングをしっかりつかめれば、歌っている最中に息が続かなくなることはあまりありません。

 

しかし、ブレスのタイミングは結構難しいのです。


【最新情報!】自宅で音痴矯正!

音痴を直すことは難しいと思われがちです。しかし、きちんと音痴の原因を理解し、トレーニングすることで音痴を克服することができます。その手助けとなる現在、人気の音痴矯正プログラムを比較検証し、ランキング形式で紹介していますのででご参考頂ければ幸いです。

 

 音痴克服法!おすすめ教材ランキング


風船を使って肺活量アップ

ブレスの際、自分の息を吸いやすいタイミングと、実際に原曲で歌っている人のブレスのタイミングは合わせようと練習しても、なかなか上手くできません。ブレスのタイミングを見計らって歌うと、出したい声が思うように出せず、全体的にバランスを崩してしまうことがよくあります。

 

肺活量を上げて、声を出し続けられる時間を長くすれば、どんなブレスのタイミングをとっても応用ができます。事実プロのオペラ歌手や、クラシック歌手は肺活量を鍛える練習をしています。

 

中でも風船を使った練習は、息を強くたくさん吐く練習に適しています。風船をふくらますとき、かなり力強く息を吐きますよね?そのために、まずゆっくり大きく息を吸います。単純なサイクルですが、これが肺活量をアップさせるのです。

 

継続的にトレーニングする必要があるので、室内で簡単にできるところも、やり易いポイントです。


【スポンサーリンク】