音痴解消:腹式呼吸|音痴を直す方法!克服ランキング

【スポンサーリンク】

腹式呼吸で音痴解消

歌唱力のアップに「腹式呼吸」は欠かせません。「腹式呼吸」は普段生活している時に使う「胸式呼吸」とは異なり、肺に取り入れられる息の量が多いため、歌を歌うときに声量アップ、声を長くキープすることが出来る、また安定感を得ることができる呼吸法として必要です。

 

また、自律神経を安定させリラックス効果も期待できる呼吸法ですから、人前で歌うカラオケやライブなどの「緊張をほぐす」という役割もありますから、必ずできるようになってください。

 

「胸式呼吸」で歌を歌うとどうしても口先だけで歌ってしまうことになり、声量も小さくなりライブやカラオケでマイクを通しても元気がない、か細い声になってしまいます。安定感に欠けますので歌声の余分な震えや音域が出てしまいます。

 

ですが、「腹式呼吸」ができるようになると曲の抑揚部分など強弱がつけやすくなり、最近のポップスやロックなどでもよくある語尾を伸ばすロングトーンが多い曲などに対応できるようになります。しかし、これはある程度、歌を歌っている人なら自然に出来ている人も多く、出来ていない人もまず、コツややり方を学んでみてください。


【最新情報!】自宅で音痴矯正!

音痴を直すことは難しいと思われがちです。しかし、きちんと音痴の原因を理解し、トレーニングすることで音痴を克服することができます。その手助けとなる現在、人気の音痴矯正プログラムを比較検証し、ランキング形式で紹介していますのででご参考頂ければ幸いです。

 

 音痴克服法!おすすめ教材ランキング


腹式呼吸のやり方

歌を歌う時に、『お腹から声が出ていない』、『うまく声を出せていない』、と自分で思っていたり、友達から指摘された人は以下の腹式呼吸のやり方・トレーニングをしてみてください。

 

【丹田(たんでん)を意識する】
丹田とはオヘソから約5cmほど下のところを指します。そこを、まず声を出す源だと意識します。そして、丹田の所をへこませていきながら、出来るだけお腹の中の空気を全部はききるようなイメージで息をはいていってください。この時、鼻で息を吸い、はくときは口から行います。

 

そして次に、お腹が完全にへこんだ状態から自然に元に戻すようなイメージで、息を吸いながら丹田の周りを膨らませていってください。

 

これを何度か繰り返します。鏡を見ながら行うのが効果的ですし、視覚的にもわかりやすいと自分で出来ているか確認できます。この時にお腹のみが動いていて、胸や肩が上下していなければ腹式呼吸ができていることになります。

 

腹式呼吸が出来るようになると、あとは継続です。常にこの丹田部分を意識して、声はソコから作り出すということを意識してくださいね


【スポンサーリンク】