ページTOPへ

音痴の原因・リズム音痴|音痴を直す方法!克服ランキング

音痴の原因・リズム音痴|音痴を直す方法!克服ランキング

【スポンサーリンク】

音痴の原因

音痴には、「運動性音痴」「感覚性(感受性)音痴」の2種類がありましたが、この2つの大きな違いは、聴覚です。

 

運動性音痴の場合、音の理解と記憶はできます。そのため、音痴になってしまうのは頭で理解している音を出すことが難しいということであり、これは歌う方法が原因となるわけです。 これは、声帯や喉の筋肉などの緊張や、呼吸の状態によって引き起こされるもので、歌うことに慣れていない人に多いです。

 

歌うときは、正しい喉や腹筋の使い方などがあり、腹式呼吸で歌います。これができていないと、声の音量の調節ができなかったり、はっきりと聞きやすい声を出すことができません。

 

一方、感覚性音痴の場合は、音の理解や記憶が苦手です。ですから、耳で音の高さや流れを聴き取ることが難しい、つまり、音を聴き取る力に原因があると考えられるわけですが、 どうしてこのようになるのかというと、音楽や音階を聴く経験が少なかったと考えられます。


【最新情報!】自宅で音痴矯正!

音痴を直すことは難しいと思われがちです。しかし、きちんと音痴の原因を理解し、トレーニングすることで音痴を克服することができます。その手助けとなる現在、人気の音痴矯正プログラムを比較検証し、ランキング形式で紹介していますのででご参考頂ければ幸いです。

 

 音痴克服法!おすすめ教材ランキング


リズム音痴

このリズム音痴も、リズムのはっきりした音楽に触れる機会が少なかった人に多いものです。

 

日本の音楽でメロディーを奏でるものには、三味線や琴のような弦楽器、笛などがありますが、それらを演奏するとき、一定のリズムを刻むことはあまりありません。太鼓などは単独で演奏されることが多いので、メロディー+リズムという音楽文化は日本にはあまり無かったのです。まずはリズムに触れて、その感覚を身に付けましょう

 

自分の音痴の原因がどこにあるか、分かりましたでしょうか?その原因に合ったトレーニング方法を見つけることも上達への重要なキーポイントになります。


自分の音痴の原因は?

一概に音痴といっても、どちらの音痴であるかが分からなければ、矯正や克服方法もわからなくなってしまいます。では、いったい自分はどちらの音痴なのか?次の3つのポイントを考えてみてください。

 

1. 自分で歌う音を、頭の中で想像できる。頭の中では正しい音が流れている
2. 頭の中で流れる音を正しく声に出すことができる
3. 声に出した音を自分で聞き取れる(自分の歌声の音程が正しいか判断できる)

 

この3つのうち、2つ目ができないというのであれば、運動性音痴だと考えられます。 ただ、何となくわかる気もするけれど、正確だと言えるほど自信はないという場合は、感覚性音痴を疑う必要もあるでしょう。


【スポンサーリンク】